「In the city」

4月 10th, 2019 by sktec

東京のarflexで展示をいたします。

hp

狩野岳朗  個展
「In the city」

 

「ハチやアリには超個体と言われる全体意識があるという。
多数の個体から形成され、それらが一つの生物的な総合体であるという感覚だ。
個々の行動は巣が望んでいる活動なのだと。

仮に私を含めたこの都市が一つの有機体の塊だとすると、
私の選択もまたこの大きな塊の何かしらの意思が降り注いでいるのかもしれない。」

 

会期:2019年4月25(木)− 5月14(火)

(11:00 – 19:00 ※水曜定休日 4/29‬~‪5/6‬の間は休まず営業)

会場:arflex 東京

 

オープニングレセプション
4/25(木) ‪19:00~20:30‬
(予約不要・無料)
山フーズが作品からインスピレーションを得たお菓子もご用意いたします

 

アルフレックス東京

〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクェア1F

「Subsequence」

3月 25th, 2019 by sktec

雑誌『Subsequence』に挿絵を描いています。

ライブでもお世話になっている柴田元幸さんのページに描かせてもらいました。

丁寧に作られた自由な一冊。とても素敵なのでぜひ手に取ってみて下さい。

https://subsequence.tv

IMG_7448

IMG_7449

KIRIマルシェ

2月 25th, 2019 by sktec

京都の亀岡市で行われる予定の「かめおか霧の芸術祭」

その関連であるKIRIマルシェのビジュアルを描かせてもらいました。

霧と緑深い場所での人々の集い、色んな出店や企画が用意されています。

第1回「KIRIマルシェ」

朝と昼と夜 点描で亀岡を描く2019年3月2日(土)3日(日)

https://kameoka-kiri.jp

IMG_7398

挿絵 / 「遠きにありて」西川美和 著

1月 30th, 2019 by sktec

雑誌Numberに連載の西川美和さんエッセイ「遠きにありて」に挿絵を描いています

Number (vol.971)
2019.1.31

nm31

挿絵 / 「遠きにありて」西川美和 著

1月 3rd, 2019 by sktec

雑誌Numberに連載の西川美和さんエッセイ「遠きにありて」に挿絵を描いています

Number (vol.966)
2018.11.25

nm30

「不透明な交換」

10月 15th, 2018 by sktec

名古屋の2ヶ所で展示をします。

狩野岳朗 個展
「不透明な交換」

2018年11月10日(土)~ 11月26日(月)

babooshka CURRY & CAFE
ON READING
(※会期中は両店とも、火曜日休業)

babooshkaでは木版画やスケッチを、ON READINGでは油彩画を中心に展示します。

kano_dm5

kano_dm4

 

babooshka curry & cafe
名古屋市千種区鹿子町2-3-3
OPEN / 11 : 30 ~ 20 : 00
TEL: 052-782-1185
地下鉄名城線・東山線 本山駅1 番出口徒歩12 分

 

ON READING
名古屋市千種区東山通5ー19 カメダビル2A
OPEN /12 : 00 ~ 20 : 00
TEL: 052-782-1185

挿絵 / 「遠きにありて」西川美和 著

10月 15th, 2018 by sktec

雑誌Numberに連載の西川美和さんエッセイ「遠きにありて」に挿絵を描いています

Number (vol.962)
2018.9.27

IMG_6276

挿絵 / 「遠きにありて」西川美和 著

10月 15th, 2018 by sktec

雑誌Numberに連載の西川美和さんエッセイ「遠きにありて」に挿絵を描いています

Number (vol.958)
2018.8.2

IMG_5992

「 Untitled 」

7月 3rd, 2018 by sktec

東京のNidi galleryで個展をします。

狩野岳朗個展
「 Untitled 」

2018年7月13日(金)– 7月22日(月)
時間 13:00 – 20:00
休廊日 水曜日(7月18日)

TK_DM5-1

TK_DM5-2

TK_DM5-4

DM Design: Daichi Aijima

 

ニーディギャラリーでは、約2年ぶり3度目となる画家・狩野岳朗の個展を開催いたします。これまで表現の一役を担っていたセオリーや言葉から一旦離れ、心の奥底にある曖昧な感覚を、より純粋に形にしたいという表明で題された「untitled」。ある種の束縛から解き放たれ、新たな模索により描かれた作品からは、瑞々しいエネルギーが感じられます。本展では、初のギャラリーでの滞在制作による作品を含む約12点の最新の油彩画を発表いたします。ぜひ足をお運びください。

nidi gallery
150-0011 東京都渋谷区東2-27-14, #102
nidi gallery HP

挿絵 / 「遠きにありて」西川美和 著

6月 14th, 2018 by sktec

雑誌Numberに連載の西川美和さんエッセイ「遠きにありて」に挿絵を描いています

Number (vol.953)
2018.6.14
IMG_5286