Archive for the ‘exhibition’ Category

「分岐する思考」

月曜日, 4月 10th, 2017

大阪のhitotoで個展をします

 

狩野岳朗 個展
「分岐する思考」

2017/5/6(土)~5/20(土)
hitoto

kanou_dm02

 

「一つの気持ちが整理され、思考が分岐した。
その形は枝のようだ。
ある次元から見ると人間は樹枝のような生かもしれない。」

 

Opening Party____________

5.6(土)18時頃から作家を交えた
オープニングパーティーを開催します
どなた様もお気軽におこしください
(フード・ドリンクはキャッシュオン形式です)
__________________

Workshop______________

「線を描く/フラクタル・木の考察」

日時:5月7日(日) 午前11時 ‒ 午後1時
場所:扇町公園
定員:6名 (大人のみ)
持ち物:鉛筆
費用:2,500円(ガリ版封筒とお茶・おやつ付)
※雨天時はhitoto店内で開催します。

↓お申込みはこちらへ
http://hitoto.info/kanotakero/
__________________

 

hitoto
〒530-0041
大阪市北区天神橋5-7-12 天五共栄ビル301
営業時間13:00-19:00
会期中 火・水曜休

<行き方>
• 地下鉄「天神橋筋六丁目駅」12番出口から徒歩3分
• JR「天満駅」から北へ徒歩5分

「乳青がかった地図」statement

金曜日, 4月 7th, 2017

IMG_2263

 

内部(自)を観察し、外部(他)と共通する意識を浮かびあがらせる。
形は共通認識の言語ではなくなり、
無意識下で記号としてのちに外部と共有され、それら個体の熱に加わる。

 

-
 

私は立ち枯れた冬木の屈曲した枝構造を見ていた。
ある画家の晩年言ったイノチという言葉がそれと折り重なったように思えた。
やがてそれは枝から掌の溝へ、地形へ、微細な生き物の形、動き、フラクタル構造、宇宙
私という一個体と大きな生命との共通を考えることになっていった。

形ある物から事象へ、物事を動かしている流れを知りたい。
すると画面のそれは筆を持つ個体の純粋な思考と共鳴する必然性があった。
それは学問のように思えた。

 

-
 

「私は立ち枯れた冬木の屈曲した枝構造を見ていた

乳青がかった地図の しんと広がる音をきき
ふと指し示す分岐コンパス

小から大へと降りていく

ガランとした 奥のほう
(どうも枝木は私の身体のよう)

やがて 大から小へ覗きこむX軸と
過去からくる幼子の体験にまつわるY軸が交じりあい

吹き抜ける直交山岳座標上
見えない萃点に

どうしようもなくわずかな白を放る」

 

「乳青がかった地図」

土曜日, 4月 1st, 2017

葉山のBookshop Kasperで個展をします

 

狩野岳朗 個展
「乳青がかった地図」

2017/4/8(土)〜 4/23(日)
Bookshop Kasper

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

-  私は立ち枯れた冬木の屈曲した枝構造を見ていた  -

 

LIVE EVENT____________
4/9(Sun.)
出演 : 狩野岳朗(絵)
sphontik(音楽)
15:30 受付
16:00 start
¥3,500 1drink付き
__________________

 

WORK SHOP____________
4/15(Sat.)
「線を描く/フラクタル・木の考察」
狩野岳朗
12:30 start
¥3,000 お茶 付き
__________________

 

↓お申込みはこちらへ
mail / info@kasper.jp
tel / 046-874-7031

(お名前•ご予約人数•ご連絡先お電話番号を明記の上ご予約を願い致します)

 

 

Bookshop Kasper
〒240-0001
神奈川県 三浦郡 葉山町一色1462 – 5
営業時間/11:00 – 17:00
定休日/木・金
tel / 046-874-7031

 

<行き方>

電車で
JR横須賀線 逗子駅東口2番 のりばから
山手まわり葉山行きバス「葉山小学校」下車

お車で
横浜横須賀道路 逗子IC→逗葉新道 高速道路を
降りたら逗子・鎌倉方面へ 長柄交差点左折後
葉山小学校の先、ENEOSの向かい<駐車場2台>

「そこになにかが」狩野岳朗 x 西淑

水曜日, 2月 15th, 2017

東京のポポタムで西淑さんと二人の展示をします

 

狩野岳朗 x 西淑
「そこになにかが」

2017年3月3日(金)~12日(日)

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

詳細はこちら↓
http://popotame.net/?p=1550

ブックギャラリー ポポタム
東京都豊島区西池袋2-15-17
tel : 03-5952-0114
twitter : @popotame_shop

水曜・木曜 休み
平日 13:00-20:00
土日 13:00-19:00
最終日は17:00終了

「Here is Somewhere」

火曜日, 12月 20th, 2016

東京のSUNNY BOY BOOKSで個展をします

 

狩野岳朗 個展
「Here is Somewhere」

2017年1月7日(土)〜26日(木)
SUNNY BOY BOOKS

HisS

 

「普段見ている文字は無意識に意味が入ってくるが
そうでない文字は時折ただの形として見えてくる。

絵もまた描いた本人にしかわからない記号のようなものだとすると
絵を見るということは未知の言語を読むようなことかもしれない。」

 

詳細はこちら↓

 

SUNNY BOY BOOKS
〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-14-15
(東急東横線・学芸大学駅東口徒歩約5分)
平日 13:00-22:00/土日祝 12:00-21:00
定休日:金曜日
お問い合わせ_info@sunnyboybooks.jp

「EDANE NEXT DOOR 冬の旅 分岐点」

金曜日, 11月 11th, 2016

大阪のお店、EDANEで
「EDANE NEXT DOOR」に参加します

テーマである冬の旅 分岐点、いままで自分の旅行はほぼ冬の一人旅だったので思うところが多いのです。
久しぶりにワークショップもさせてもらいます。

冬の旅2
「EDANE NEXT DOOR 冬の旅 分岐点」

2016.11/19(Sat)〜12/11(Sun)
12:00〜18:00
Closed on Wednesday、Thursday

狩野岳朗/絵画
くしまけんじ/旅の保存食
Hitomi Taba /絵とプロダクト
Junichi Ogawa/旅で見つけたもの
lishikesh/冬のカディ
TERCEIRO/冬の帽子とパンツ
TORO E TORO/旅のバッグ
WELT/香り

旅のおはなし
11/20(日) 19:30〜21:00
Junichi Odawa、くしまけんじ
「食堂くしま」のスープ付

ワークショップ
フラクタル:線をえがく/木の考察
11/23(水)11:00〜13:00
狩野岳朗
「米ディナンバーワン」のお弁当付

Edane Small Bar
11/19、20:Anitya
12/11:peaceful space

WELT Small Bar 旅のサルブ
11/26、27、28
12/2、3、5、10

EDANE
大阪府大阪市住之江区浜口西1-2−8

——————-

IMG_0530

狩野岳朗さんのワークショップを住吉公園にて行います(大人のみ)
参加ご希望の方は、edane@me.com までご連絡ください

「フラクタル:線をえがく / 木の考察」
日時:2016年11月23日(祝日)11時〜13時

場所:EDANE〜住吉公園

参加費:3000円(狩野さん特製ガリ版封筒と、米ディno.1のお弁当付)

持ち物:鉛筆

「 私は普段絵を描く時、木々や自然からヒントをもらっています。今回はみんなで自然の中からラインを採取しスケッチして生命の何かに近づけたらと思います。そして一見抽象に見えるような絵も少し見え方が変わったら面白いなと思います。 狩野岳朗 」

「B卓の注文」

土曜日, 9月 10th, 2016

狩野岳朗 個展
「B卓の注文」

2016年10月1日(土)〜31日(月)
nicolas

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

人は喫茶店で、隣の席の会話や素振りを意識してしまう。
逆に、隣の人に自分が意識されていることも意識しているように思う。

A卓の会話がB卓のテーブルの話の発端になったり、
B卓の料理を見て、A卓の人が同じ料理をオーダーする、というように。

自己と他者が微妙な距離感をとりつつ、時にその境界線を越え
お互いが影響しあって過ごす場所での相互作用について考察し
その状況下で作品を制作。すなわち、
喫茶店で隣の席を意識し/されながら、できた作品を “喫茶店” で展示する。

また、作家は展示期間中しばしばこの ’‘喫茶店’’ を訪れ、
隣の席で絵を描く人として、他者の意識に浸透する。

 

—-

2016年10月1日(土)〜31日(月)
会場:nicolas(東京都世田谷区太子堂4-28-10 鈴木ビル2F)
営業時間:16:00〜24:00
定休日:火曜日・第3水曜日
URL:http://www.nicolasnicolas.com/

電話:03-6804-0425

*展示を観るだけの方も歓迎致します。席に着かれる場合は、ワンオーダーをお願い致します。あらかじめ料理やデザートをご希望の方は、事前にnicolasへ席のご予約をお願い致します。

—-

【期間限定メニュー】

展示中の幾つかの絵と同タイトルのメニューをnicolasがご用意してお待ちしております。

—-

【ライブイベント】

『浸透深度』

日程:2016年10月29日(土)開場:17時 開演:17時30分

出演:青木隼人(音楽)、狩野岳朗(ペインティング)、nicolas(料理)

料金:3800円(nicolasの夜ご飯&デザート&1ドリンク付き)

定員:18名さま

 

ライブのご予約、詳細はこちらへ↓

http://ignitiongallery.tumblr.com/post/149405351947/

swimmieのハンカチ

金曜日, 7月 8th, 2016

ハンカチのお店swimmieで狩野岳朗のハンカチの販売が始まります
生地やプリントの質感を話し合いながら3柄作ってもらいました

発売にあわせてswimmie銀座店でフェアがあります

-狩野岳朗-新作ハンカチ
「MARINE PINK RESORT BLUE」
7/6〜7/19
swimmie銀座店
東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 B1F

原画も飾りますので、ぜひお越し下さい

IMG_2733

IMG_2735

IMG_2740

IMG_2757

「 SIDE DISH COMPOSITION 」

日曜日, 3月 13th, 2016

Nidi galleryさんで2度目の個展を開催します

 

Nidi gallery  Presents

狩野岳朗 個展
「 SIDE DISH COMPOSITION 」
2016年3月26日(土)〜4月1日(金)
12:00〜20:00 会期中無休
Nidi gallery
東京都渋谷区桜丘町9番17号 TOC第3ビル (旧親和ビル)408号室

omote ura

 

「生活と絵画

食べるもの、見える景色、いる場所、そばにある絵

 

わたし は なにで構成されているのだろう」

 

今回は木版の作品も製作しています(edition/15予定)

展示に合わせた小冊子も販売致します

普段食べている物としてChirimuloさんのお菓子をパッケージして発売予定です

詳細はこちらへ→Nidi gallery

 

 

「カイツブリがはこぶもの〜木々編〜」

火曜日, 2月 16th, 2016

tumblr_static_9dafond0eewwg0w0kc844c8ow
「カイツブリがはこぶもの」シリーズに出演します。

 

 

「カイツブリがはこぶもの〜木々編〜」
青木隼人(音楽)×狩野岳朗(ライブペインティング)

日時:2016年2月21日(日)

開場:18時 開演18時30分 終演19時45分

料金:予約2800円/当日3000円/カイツブリの塔メンバー2300円

会場:名古屋テレビ塔3F特設会場

灯り:河合悠

詳細、ご予約は→こちらへ

 

当日は同会場で「冬のカタラクシーの市」も開催されます

こちらも素敵なお店、イベントが盛りだくさんなのでぜひ合わせて遊びに来てください

 

——————————-

「カイツブリがはこぶもの」は、自分自身のルーツとなる物語を、ジャンルを超えたセッションで皆さんに伝えていくシリーズです。
IMG_1427

今回の「木々編」。

青木隼人さんの音楽はいつ聴いても新鮮で、狩野岳朗さんの描く木々はどれも切実な跡。お二人はたえず「はじめて」を見いだし続けてしまう。
青木隼人さんと狩野岳朗さんが古代の洞窟壁画に想いを馳せながら、暗闇のなか、分厚い一瞬一瞬を切り開いていきます。
灯りは河合悠さんです。

水分や養分を求めて根を生やし、幹を伸ばし、光を求めて枝を生やしていった木々は、生きていることがそのまま形になったようです。

見上げるほど背の高い木々は数百年前に生まれ、僕らとは違う時間の中で、いま僕らと生きている。木々を見ることは時間そのものを見ているようでもあります。

青木隼人さんと狩野岳朗さんとともに、木々に流れているような時間を、体感しましょう。きっと人間も木々と同じなんだと思います。